瞬間湯沸かし器が壊れてシャワーが使えないのは…あり得ない原因だった

瞬間湯沸かし器が壊れてシャワーが使えないのは…あり得ない原因だった
IMG_2241.JPG

調子が悪い、我が家の瞬間湯沸し器

我が家の瞬間湯沸し器の調子が悪い。

これは大家さんのもので、今の家を借りた時からずっと使っているのだが、なかなか火が点かない。とにかく調子が悪いのだ。

厳密に言うと瞬間湯沸し器が悪いのではなく、水道の水圧が低すぎるのが原因だ。水の勢いが弱く、なかなか火が点かないのだ。

我が家の瞬間湯沸し器は管がバスルームに直結していて、シャワーの水を出すとその水の流れにセンサーが反応し、自動的に火が点くようになっているのだが、

水流が弱く、センサーが反応しないことも多いのである。問題なく火が点くこともあるが、日によっては、瞬間湯沸し器はウンともスンとも言わない。



センサーを反応させるだけの水流がない…

おそらく、時間帯によっては他の家庭で水を使うことが多いため、その分水圧が落ち、センサーを反応させるだけの水流が生じないのである。

そういう時は、瞬間湯沸し器の点火センサーが反応するまで、蛇口を開けて、閉めて…ということを何回も繰り返さなければならない。

火が点くまでかなりかかることもあり、かなり不便なのだが、一度火がつけば、水を止めない限り湯沸し器は止まらないのでシャワーは浴びられる。

そんな感じで、不便を感じつつも、だましだまし使ってきたのである。

スポンサーリンク

最近特に調子が悪い

しかし、最近特に調子が悪い。

水道の水圧が以前にも増して低くなり、水の流れが極端に弱くなったのだ。

そういえば水道工事をするとかしないとかの張り紙がエレベーター内に貼ってあったが、これが原因だろうか…。

とにかく、水を出してもチョロチョロとし流れず、火が全然点かない。昨日は1時間以上粘っても結局火が点かず、結局シャワーを浴びられなかった。お湯を沸かして顔と頭を洗って寝たのである。

これは不便だ…。

なんとかせねば。



原因は明らか

瞬間湯沸し器の火が点かない原因は明らかである。

「水圧が低いため水の流れが弱く、瞬間湯沸し器の点火センサーが反応しない。」

ということだ。

この原因から考えられる解決方法は、

1、瞬間湯沸し器のセンサーの感度を上げ、水の流れが少なくても反応するようにする。

2、センサーに頼らず、瞬間湯沸し器を手動で点火する。

3、水の流れを良くする。


くらいである。

うーむ…現実的なの「1」かなぁ。

センサーの感度の調整は業者に頼めばできそうである。



金物屋へ

ということで、近所の金物屋に行った。

この金物屋は「便利屋」にもなっていて、なんでもやってくれる。

家の中のトラブルなら大概解決してくれ、電気工事、水道工事、ドアの取り替え、至っては洗濯機の修理もしてくれるのだ。

中国の家の設備は何かとよく壊れるため、この店はよくお世話になっており、もはや作業員の兄ちゃんとは顔見知り状態である。
^^;



金物屋の兄ちゃんに聞いてみる

で、金物屋の兄ちゃんに聞いてみた。

私「うちの湯沸し器、火がなかなか点かなくて困ってるんだ。水流が弱くてセンサーが反応しないんだと思うんだけど、センサーって調整できない?」

兄ちゃん「湯沸し器のセンサーはいじれないよ。もっと良い湯沸し器を買うしかないね。あと…水圧を上げて水の流れを良くしてみたらどう?」

私「え?水圧なんて上げられるの?」

兄ちゃん「うん。ポンプをつければ大丈夫」



ポンプを付けて水圧を上げる方法がある

提案してくれたのは、瞬間湯沸し器に小型ポンプをつけること。それは強制的に水を吸い上げ、水を送り込む機械なのだと言う。

中国は水道の水圧が低いところが多く、高層階になるとさらに水圧が低くなるので、このポンプを設置している家庭は少なくないらしい。

水流が強くなれば問題なく湯沸し器の火は点くはずである。


兄ちゃん「値段は280元。今なら行けるけど。どうする?」


280元か、それでシャワーの火が点かないストレスから解放されるなら安いもんだ。

私「いいね、それ。どんな機械なの?見せてくれる?」

そう言うと、兄ちゃんは箱を開けて見せてくれた。

それがこれ
IMG_2330.JPG
…ん?

あれ?



我が家にも付いている…

そのポンプは見覚えのあるものだった。

っていうか、普通に家の湯沸し器の横に付いていたはず…。

そう…なんと、うちにもこのポンプが設置されていたのである。

左側にある筒状のがそれ
IMG_2238.JPG
ろ過装置か何かなのかだと思っていて全然気にしていなかったが、これが水圧を上げる機械だったとは…。なんということだ。

私「これ…確か家にも付いているよ。付いていて水圧が低いならこの機械が壊れているのかしれないってことかなぁ?」

そう聞くと、

兄ちゃん「この機械の作動音ってかなり大きいけど、ちゃんと音がしている?音がしなければ、壊れているってことだね。」

と言われた。

うーん。そんな作動音していなかった気がするなぁ…。まずは故障しているかどうか確かめた方がいいなぁ。

私「じゃあ、家に帰って確かめてみるよ。ありがとう」

そう伝え、一度家に帰り確かめることした。



ありえないことを発見

家に帰って例のポンプを見てみた。

これ
IMG_2239.JPG
さっき見せてもらったのとほぼ同じ。

っていうか、よく見るとちゃんと「增压泵(水圧を上げるポンプ)」と書いてあるではないか…。今初めて気づいたよ…。
^^;

で、壊れているのかどうか見てみたところ…。

ありえないことを発見!

な!
IMG_2323.JPG

なな!
IMG_2325.JPG

ななな!
IMG_2326.JPG

なんとーぉ!
IMG_2240.JPG

プラグがコンセントに刺さってないじゃないかぁぁぁぁあ!!

電気が来なきゃ動くわけがない…。

で、プラグをコンセントさし、シャワーの水を出すと……

な、なんと…。

ポンプは「キュィィィィーン!」とかなり大きな作動音立てて動き出した!

で…めっちゃ水が出るでやんの!

見てよ!この違い!

ポンプ作動前
IMG_2223.JPG

ポンプ作動後
IMG_2222.JPG
全然違う…

水の勢いが十分なので、瞬間湯沸し器も全く問題なく火が点いた。

これで、火が点いたり点かなかったりというストレスとはおさらばである。

さらに、シャワー水量もジャンジャン!

なので、超快適にシャワーが浴びられるようになった。

なんてことだぁあああ…。

ポンプ君…君、元気いっぱいぢゃないか…。電気が流れるだけでこんなにしっかり仕事をしてくれるとは…。

この家に来てから君がいることすら全く知らずに生活してきたよ…。

ごめんよごめんよぉー!
(ToT)/~~~



ポンプのプラグがコンセントから抜けていただけだった

結局、瞬間湯沸し器の火がなかなか点かず、シャワーを浴びるのに苦労してきた原因は、

「ポンプのプラグがコンセントから抜けていただけだった」のである。

今まで、湯沸し器が反応するまで水を出したり止めたりしてきた苦労はなんだったのか…。

今の家に引っ越して2年近く経つ。

水圧を上げるポンプという便利な機械がありながら、その存在にも、通電していないことにも気づかず、2年間も弱い水圧でシャワーを浴びてきたのである。

その原因がコンセントからプラグが抜けていただけだったとは…。

見えるところに「ポンプ」と書いてあるのに…それに気づかなかったとは…なんとも情けない限りだ…。
ε-(´∀`; )

でも、、、これで問題が解決し、これから問題なくシャワーを浴びられるので良しとしようではないか…。ねぇ?
( T_T)\(^-^ )

スポンサーリンク


記事が楽しめたらブログ村ポイントにご協力ください(≧∀≦)
1台のパソコンから1日1回のクリックのみ有効です(*´꒳`*)
ここ押すだけです〜(^人^)↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ

この記事へのコメント

記事が楽しめたらブログ村ポイントにご協力ください(≧∀≦)
1台のパソコンから1日1回のクリックのみ有効です(*´꒳`*)
↓ここ押すだけです〜(^人^)↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ

今日の人気記事

記事が楽しめたらブログの応援お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ
【ブログTOP】へ戻る
【ブログの記事一覧】を見る