深センの街角でオジさんたちの集団…何をやっているかと思ったら!?

深センの街角でオジさんたちの集団…何をやっているかと思ったら!?

IMG_1812.JPG

深セン市内でオジさんの集団を発見

深セン市内の歩道で、人だかりができていた。

かなりの人数である。

しかも、そのほとんどが、中年以上のオジさんである。

オジさんたちがこんなに集まって何をやっているの?

スポンサーリンク

中国将棋をやっていた

オジさんの間から覗き混むと、なんと、中国将棋をやっていた。

日本の将棋と似ているが、駒の文字も形も違い、ルールも異なるのでよくわからない。

中国将棋をやっていた
IMG_1747.JPG

めちゃめちゃ盛り上がってる

それにしてもめちゃめちゃ盛り上がってる。

将棋なので、2人の勝負なのだが、

外野が口を出しすぎである。

「そうじゃない!」

「こっちの方がいい!」

「だから言ったのにぃ!」

みたいな感じで周りから声が飛びまくり。じっくり考えて…というわけにはいかない雰囲気だ。

でも、いやぁ、楽しそうだなぁ(^-^;



子供の頃の思い出

話は変わるが、将棋といえば子供の頃を思い出す。

当時小学校で流行っていたので、強くなるため親に頼み込んで半年くらい将棋教室に通った。

その結果、努力のかいあって、クラスの中では負けなしのレベルになったのである。

そして、将棋協会主催の「子供将棋大会」に出場することになったのだが…やはり将棋大会だけあってみんな強く、そこで久しぶりの敗北を経験したのである。確か、4勝1敗の戦績だった。

結果は3位。

3位までの子は景品がもらえる上、「将棋世界」という月刊誌で紹介されるとあってガッツポーズをしたのだが…

なんと、4勝1敗の3位は同着でもう1人いたのである。

すると主催者のオジさんが、

「同じ点数だから君たちはじゃんけんで決めよう。」

と。

えぇー!

何時間も将棋で戦ってきたのに最後にじゃんけん?

でも、言われたら仕方ない。

「じゃーんけんポン!」



なんと、私はじゃんけんで負け、惜しくも4位となり、景品ももらえず、「将棋世界」デビューもならなかったのである。

懐かしい、子供の頃の思い出である…。



中国将棋を

…と、少し話は脱線したが、中国にいる間に、機会があれば中国将棋のルールを覚えてやってみたい。

ただ、あの大勢のオジさんの中でやる勇気はもてないなぁ。

スポンサーリンク


記事が楽しめたらブログ村ポイントにご協力ください(≧∀≦)
1台のパソコンから1日1回のクリックのみ有効です(*´꒳`*)
ここ押すだけです〜(^人^)↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ

この記事へのコメント

記事が楽しめたらブログ村ポイントにご協力ください(≧∀≦)
1台のパソコンから1日1回のクリックのみ有効です(*´꒳`*)
↓ここ押すだけです〜(^人^)↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M10 ダブルレンズキット

今日の人気記事

記事が楽しめたらブログの応援お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ
【ブログTOP】へ戻る
【ブログの記事一覧】を見る