妊娠中に香港へ行けない?香港のスタッフが中国人女性のシャツをめくり…

妊娠中に香港へ行けない?香港のスタッフが中国人女性のシャツをめくり…
IMG_3701.PNG

深センから香港に行く時のイミグレで

深センから香港へ行く時のイミグレでの話である。

中国側の国境を出て、橋を渡ると次は香港側のイミグレになる。で、香港側にイミグレに入るのだが、そこを歩いていると、いきなり1人のおばちゃんが「ちょっと、待ちなさい!」と言いながら走ってきた。

そのおばちゃんは制服を着ているので、香港イミグレのスタッフだ。

え?なに?…

と思ったら、おばちゃんは私を抜かし、前の中国人女性の肩を叩いた。

あぁ、追いかけていたのは私ではなかったのね。^_^;

それにしても、そんな剣幕で…どうしたの?

次の瞬間、香港イミグレスタッフのおばちゃんはその中国人女性に、驚くべき言葉をかけたのだ。

「シャツをめくってお腹を見せなさい!」

スポンサーリンク


腹を見せろ!?

香港イミグレスタッフのおばちゃんは、若い中国人女性が通るたび走り寄り、「腹を見せろ!」と言っている。そして、おもむろにシャツをめくり彼女達のお腹をチェックしているのである。

その様子は、獲物に食らいつく獣のように鬼気迫るものがあった。

え、え?腹を見て…何やってんの?

と思ったが…

そうか、これか…

このポスター
IMG_3024.JPG

中国人は妊娠中に香港に行ってはいけない

このポスターには、「香港籍の人以外は香港の産婦人科のサービスを利用できない。」と書いてある。

でもこれは建前で、

「香港籍以外」の妊婦と書いてあるが、わかりやすく言うと、「中国人は妊娠中に香港に行ってはいけない」ということなのだ。

どうしてそんな決まりがあるのだろうか。

なぜなら、出産のタイミングを図って香港に行き、不法滞在して、香港で出産する中国人女性が後を絶たないからだ。

どうしてそんなことをするのかというと、香港では親の国籍にかかわらず、香港内で生まれた人は香港の戸籍を取得することができるからである。

香港の戸籍を持っていれば、福利厚生、海外への行きやすさを初め、様々な面で中国本土戸籍よりはるかに有利なのである。

彼女達は子供に香港人の身分を得させるため、あの手この手で妊娠の事実を隠し、香港へ行くのである。



さすがにやりすぎでは…

つまり、さっき書いたおばちゃんは香港で不法に出産されるのを水際で防ぐ仕事をしていたわけだ。

これは当然男性スタッフはできない仕事だし、若い女性スタッフにも荷が重いだろう。見るからに"THE香港のおばちゃん"であるこのスタッフは若い女性に妊娠の確認をするには適任なのだろう。

しかし、やりすぎ感がハンパない!

ここは男性も含め普通にみんなが通る通路である。

その公衆の面前で、妊娠してそうな若い女性が通ると「腹を見せろ」と言って、疑いがある人がいたら人前で無理矢理シャツをめくり、お腹を確認しているのである。

少しぽっちゃりした人や、お腹周りがふわっとしている服を着ている人、鞄をお腹の前に抱えている人は次々に捕らえられていた。

おばちゃんが腹を見て確認し、問題ない思われた場合はその場で「よし、行っていい。」と言われていたが、プライバシーもなにもあったもんじゃない。

せめて…見えないように簡易のカーテンで仕切ったブースを作ればいいのに…。



ほとんどが濡れ衣

もちろん妊娠を隠して香港に入ろうとする人はたくさんいるわけではない。

彼女たちのほとんどが濡れ衣で、おばちゃんと通行者に腹を見られ損なのである。

ぽっちゃり系で体型を気にしている人が妊娠していると言われ、傷つく人もいるだろう。

不法に香港で出産するという、一部の心無い人たちのためにこういう決まりができてしまい…うーん、なんかかわいそうだ…。

そう思った、今日この頃。

スポンサーリンク


記事が楽しめたらブログ村ポイントにご協力ください(≧∀≦)
1台のパソコンから1日1回のクリックのみ有効です(*´꒳`*)
ここ押すだけです〜(^人^)↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ

この記事へのコメント

今日の人気記事

記事が楽しめたらブログの応援お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ
【ブログTOP】へ戻る
【ブログの記事一覧】を見る