中国ローカル道路工事、埋設管が敷設前にボロボロ…

中国ローカル道路工事、埋設管が敷設前にボロボロ…

スポンサーリンク

中国深センの郊外

中国の深セン郊外に行った。

ちょうど歩道の道路工事をしてい舗装が全て剥がされていた。

掘り返された土も平らになっておらず、歩きにくいことこの上ない。

こちらの工事現場のオッさんたちは、歩行者用の通路を確保して、道行く人が歩きやすいように…などということは一切考えないのである。

適当に舗装を剥がし、廃アスファルトやコンクリート、資材は適当に置いてある。穴を掘り、至るところに大きな穴が開いたままになっている。

歩行者が落ちて怪我したらどうなるのだろう。

きっと、「落ちたお前が悪い」ということになるんだろうなぁ…。

恐ろしや…。



埋設管が敷設前にボロボロ…

で、歩行者用の通路を作らないもんだから、道行く人たちは、工事現場の真ん中を恐る恐る歩いていく。

養生は一切されておらず、むき出しだからすでに割れてボロボロの状態である。

IMG_1630.JPG

IMG_1631.JPG

IMG_1632.JPG
日本だと「情報ボックス」と呼ばれる通信ケーブルが入った管だ。

このままで、埋めちゃうんだろうなあ…。

そりゃぁ、しょっちゅう色々止まったりするよなぁ…。

ちゃんと養生しておけば、こうはならないのに…。

しかも間も無く春節(旧正月)で、すでに色々な仕事は年末休暇に入り1-2週間の休みを取るのは今時期の中国では当たり前である。

この状態でそのまま1-2週間放置されてしまうのだろうか…?

スポンサーリンク


ブログ村のランキングポイントにご協力ください(≧∀≦)
【ここ押すだけでブログ村ポイント入りますo(^-^)o】

この記事へのコメント

今日の人気記事

記事が楽しめたらブログの応援お願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ
【ブログTOP】へ戻る
【ブログの記事一覧】を見る